I1

15:00~15:30

パーパスドリブンなブランデッドコンテンツで幅広い層からの好意度向上に貢献。丸亀製麺がYouTubeドラマを実施した背景とは

丸亀製麺のパーパスドリブンなブランディング視点から生まれた「うどんで日本を元気にプロジェクト」、そのプロジェクトの取り組み自体を伝えるブランデッドコンテンツとして創られたYouTubeドラマ『麺と千尋の並行世界』は、ブランド好意度や売上の向上に大きく貢献をしました。価値観や利用方法が大きく変わる外食産業において、なぜここまで「コンテンツ」発想のマーケティングを推進しているのか。課題感を基に、その戦略策定の背景から実行の舞台裏まで、丸亀製麺のマーケティング部門を率いる南雲様にお話しいただきます。