このページを印刷する


A2

6月2日(火)  11:30 〜 12:55

11:30 〜 12:15

企業の”DNA”で変わる!?目指すべきカスタマーエクスペリエンスの在り方
―日立とAmazon、対極のアプローチから見える本質

  • アマゾン ジャパン株式会社 コンシューマー マーケティング本部長 紣川 謙 氏
  • 株式会社日立製作所 ブランド・コミュニケーション本部 宣伝部 部長代理 西田 健 氏
  • [モデレーター] 月刊『宣伝会議』編集長 谷口 優

 

[ 講演内容 ]

B2B、B2Cの業態の違いを問わず、さらにオンラインに軸足を置いたビジネスであるか否かを問わず、消費者の購買意思決定における情報収集行動の変化を考えれば、あらゆる企業にとって、デジタルも組み込んだ適切なコミュニケーションの設計が必要とされています。対談では、業態・企業の成り立ち、歴史、デジタルへのかかわり方のまったく異なる2社のマーケターのお二人に、一つのテーマ「カスタマーエクスペリエンス」についてディスカッションをしていただくことで、消費者行動が変化した時代においても、求められる顧客とのコミュニケーションの在り方、その本質に迫ります。

[ 講演者プロフィール ]

紣川 謙 氏
経営コンサルティング会社を経て、1998年シティバンクでのオンラインバンキング立ち上げからインターネット・ビジネスに携わる。2007年11月より現職。アマゾン ジャパンではオンライン・マーケティング、モバイル・ショッピング、ポイント・プログラムなど、コンシューマー向けマーケティングの責任者を務め、全社的なカスタマー・エクスペリエンス向上の取り組みを推進。マサチューセッツ工科大学スローン・スクール修了(MBA)。

西田 健 氏
1992年、日立製作所に入社。国内・海外の製品宣伝や企業宣伝、展示会業務を担当。90年代初頭のインターネット黎明期からネットに関わり、2004年から日立のWeb戦略業務。コーポレートサイトの制作のほか、デザインガイドライン策定、ソーシャルメディア、ドメイン管理、Web業務の社内教育など幅広く活動。

 

12:15 〜 12:55

オウンドメディアによる「LIVE!ブランディング」でビジネスを加速
〜コミュニケーションの“見える化”で“ひらめき”が生まれるマーケティングプラットフォーム〜

  • トライベック・ストラテジー株式会社 代表取締役社長 後藤 洋 氏

 

[ 講演内容 ]

企業と生活者とのコミュニケーションが大転換期を迎えています。生活者との“絆”をつくり、ビジネスを加速させるためには「企業のブランド価値向上」が重要です。その実現には企業ブランドを取り巻くコミュニケーションの“見える化”が求められますが、“機能オリエンテッド”な既存マーケティングツールでは困難でした。“ユーザーオリエンテッド”で真の“見える化”を可能にする、国産ならではのマーケティングプラットフォームのかたちがここにあります。

[ 講演者プロフィール ]

Webマーケティング、プロモーション戦略の策定やオウンドメディア構築プロジェクトなどに多数従事。2012年内閣官房国家戦略室のWebコミュニケーションプロジェクトにおいて、コンサルタントを務めた。ユーザビリティやWebマーケティングについてコンサルティングやセミナー等を通じて啓蒙活動を積極的に行う。