このページを印刷する

A1

9月2日(水)  09:40 〜 10:20

 

「競争」から「共創」へ
顧客との新しい関係性づくりと企業価値の高め方

  • 楽天株式会社 楽天大学学長 仲山考材株式会社 代表取締役 「次世代ECアイデアジャングル」主宰 仲山 進也 氏
  • きびだんご 代表取締役 松崎 良太 氏

 

[ 講演内容 ]

企業からの一方的なメッセージが届かなくなっている中で注目を集めているのが、
CSV(Creating Shared Value)。顧客を巻き込んで、一緒に価値を作っていくという考え方で、さまざまな企業がこの方法で価値のある商品・サービスを生み出そうとしています。ここでは、そうしたCSVの具体的な実践方法について、クラウドファンディングによる事例なども含めて解説していく。

[ 講演者プロフィール ]

仲山 進也 氏
北海道生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。シャープ株式会社を経て、1999年に社員約20名の楽天株式会社へ移籍。初代ECコンサルタントであり、楽天市場の最古参スタッフ。2000年に「楽天大学」を設立、Eコマースのみならず、チームづくりや理念づくりまで幅広く、楽天市場出店者4万1000社の成長パートナーとして活動中。楽天が20名から一万人の組織に成長するまでの経験をもとに人・チーム・企業の成長法則を体系化、社内外で「自走型人材」の成長を支援している。2004年、Jリーグ「ヴィッセル神戸」の経営に参画。2007年に楽天で唯一のフェロー風正社員(兼業フリー・勤怠フリーの正社員)となり、2008年には仲山考材株式会社を設立、Eコマースの実践コミュニティ「次世代ECアイデアジャングル」を主宰している。

松崎 良太 氏
慶應義塾大学経済学部卒業。コーネル大学経営学修士(MBA)。日本興業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)を経て、2000年に楽天に入社。社長室長、経営企画室長などを歴任後、ボストンに拠点を移し、Rakuten USAで2009年まで勤務。その後 執行役員ネットマーケティング事業長 兼 事業企画・調査部長を経て2011年に独立。13年2月にきびだんご株式会社を設立。14年3月より「kibidango(きびだんご)」をスタート