このページを印刷する

D7

9月3日(木)  15:10 〜 15:50

 

森永乳業「ピノ」の専門店「pinofondue cafe」に学ぶ体験デザインブランディング

  • 森永乳業株式会社 広告部長 寺田 文明 氏
  • 株式会社アーキセプトシティ 代表取締役 クリエイティブディレクター 室井 淳司 氏
  • 株式会社タンバリン 代表取締役 共同CEO クリエイティブディレクター 藤井 一成 氏

 

[ 講演内容 ]

ロングセラー商品として幅広い世代から愛されている「ピノ」。今年の7月から2ヶ月間に渡り、原宿に「pinofondue cafe」をオープンしました。この「pinofondue cafe」のブランド体験を通じて、どのような課題解決を行ったのか、そして、クリエイティブの価値を高めるために、企業の担当者とクリエイターがどのようなディスカッションを重ねてきたのか。オープンまでの軌跡を辿りながら森永乳業の広告部長、クリエイティブディレクター、そして「体験デザインブランディング〜コトの時代の、モノの価値の作り方」の著者の3名で語り合います。

[ 講演者プロフィール ]

寺田 文明 氏
1984年森永乳業入社、東京多摩工場、研究所、製品開発部、米国駐在、総務部秘書室、営業本部室を経て、2008年5月より広告部に異動。現在は、飲料、ヨーグルト、冷菓、チーズ等、広告コミュニケーション活動全般に携わる。

室井 淳司 氏
2000年博報堂入社。空間開発チームに所属し、企業空間のブランディング、デザインコンサルティング、体験デザイン業務に従事。2007年、空間ブランディングを実行する社内組織「博報堂エクスペリエンスデザイン」設立。2009年ミラノサローネサテリテ参加。2011年金沢美術工芸大学非常勤講師。2012年博報堂史上初めて、広告制作職外からクリエイティブディレクターに当時現職最年少で就任。2013年博報堂を退職し、ブランディングファーム株式会社アーキセプトシティ設立。2013年4月〜2014年3月博報堂フェロー。株式会社表参道布団店取締役クリエイティブディレクター。一級建築士。

藤井 一成 氏
1992年電通国際情報サービス入社。1999年に博報堂転職、2009年グループ内のクリエイティブブティックとして株式会社タンバリンを設立。統合コミュニケーションのクリエイティブディレクター/プロデューサーとして、領域を規定せず得意先の広告コミュニケーションやビジネスデザインに携わる。