このページを印刷する

E1

9月3日(木)  09:35 〜 10:15

 

売上拡大、最適な店舗戦略を支える「データドリブンマーケティングとクリエイティブ」コメ兵の運用手法と組織の役割から考える

  • 株式会社コメ兵 経営企画本部 経営企画部長 山内 祐也 氏

 

[ 講演内容 ]

小売・流通業、サービス業ではマーケティングとクリエイティブは経営の中心であると言えます。しかし実際には予算の壁、組織の壁、人材不足の壁などに阻まれ、思うような施策が打てなかったり、部分最適に終始することが多々あります。マーケティング担当者を悩ませる壁はナショナルブランドではない小売・流通業において、より顕著になっているのではないでしょうか?今回は、全社を巻き込み、成長をけん引するためのマーケティング、クリエイティブの手法と、企画・マーケティング部門の役割についてコメ兵のケースを基に解説します。

[ 講演者プロフィール ]

2000年に法政大学経済学部卒業後、同社に入社。営業部にて販売、買取業務、マネジメント業務等に携わる。2009年に新設した営業企画部にてマーケティングを担当。マーケティング戦略、顧客データベース構築、組織改革などに携わる2013年に経営企画部へ異動し、2015年に現職。