このページを印刷する

F4

9月3日(木)  12:05 〜 12:45

 

シビックプライドとシティプロモーション

  • シビックプライド研究会 代表 (東京理科大学 理工学部建築学科 教授) 伊藤 香織 氏
  • シビックプライド研究会(SJ代表、編集家、プロジェクトエディター、デザインプロデューサー) 紫牟田 伸子 氏

 

[ 講演内容 ]

シビックプライド(Civic Pride)とは、都市に対する市民の誇りのこと。「ここをより良い場所にするために自分自身がかかわっている」という、当事者意識を伴う自負心です。こうしたシビックプライドは、市民一人ひとりが行動する力をもたらし、都市を未来へと動かす推進力にもなることから、全国各地で、シビックプライドを掲げた取り組みが見られています。企業、自治体、NPO、住民、来街者…あらゆる?市民”を巻き込みながら、地域の魅力を育み、選ばれるまちになっていくには。『シビックプライド――都市のコミュニケーションをデザインする』『シビックプライド2 【国内編】――都市と市民のかかわりをデザインする』の著者が、語り合います。

[ 講演者プロフィール ]

伊藤 香織 氏
1971年東京都生まれ。東京大学大学院修了、博士(工学)。東京大学空間情報科学研究センター助手などを経て、東京理科大学教授。専門は、都市空間デザイン/空間情報科学。著書に『シビックプライド――都市のコミュニケーションをデザインする』(共著、2008 )、『まち建築:まちを生かす36 のモノづくりコトづくり』(共著、2014 )など。まちの活性化・都市デザイン競技で国土交通大臣賞(2012)など受賞。2002年より東京ピクニッククラブを共同主宰し、公共空間がもっと創造的に使いこなされるためのプロジェクトを国内外の都市で開催。2014年にグッドデザイン賞受賞。

紫牟田 伸子 氏
1962年東京都生まれ。編集家/プロジェクトエディター/デザインプロデューサー。学習院大学文学部哲学科(美術・芸術学系)卒業。美術出版社『デザインの現場』『BT /美術手帖』副編集長、日本デザインセンターチーフプロデューサーを経て、2011年より個人事務所SJを開設。「ものごとの編集」を軸に地域プロジェクトから商品開発、コミュニケーション戦略までを手がける。著書に『カラー版:日本デザイン史』(共著、2003)、『ワークショップ:偶然をデザインする技術』(共著、2006)ほか。多摩美術大学、桑沢デザイン研究所、武蔵野美術大学、女子美術大学短期大学部ほか非常勤講師。