• Facebook
  • Twitter
  • LINE
E1

10:00 ~ 10:40

11月14日(水) 10:00 ~ 10:40

これから広告・メディアはどうすればいいですか?~田端信太郎・嶋浩一郎がいま語る、広告・メディアビジネスの未来展望~

田端 信太郎 氏
株式会社ZOZO
コミュニケーションデザイン室 室長

嶋 浩一郎 氏
株式会社博報堂ケトル
代表/編集者・クリエイティブディレクター

講演内容

既存の手法にとらわれないコミュニケーションを実施する博報堂ケトルの嶋氏をモデレーターに、様々なメディアで活躍し、現在は事業会社側としてコミュニケーションを行っている田端氏と、広告・メディアの変化について議論していただきます。スタートトゥデイのZOZOSUITなど新しい流れを通して感じている、これからの広告・メディアとは?マーケティングに関わる人は必見のディスカッションとなります。

講演者プロフィール

田端 信太郎 氏

1975年石川県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。NTTデータを経てリクルートへ。フリーマガジン「R25」の立ち上げや、広告営業の責任者を務める。2005年、ライブドアに入社し、livedoorニュースを統括。ライブドア事件後は執行役員メディア事業部長に就任し経営再生をリード。さらに新規メディアとして、BLOGOSなどを立ち上げる。2010年春からコンデナスト・デジタルへ。VOGUE、GQ JAPAN、WIREDなどのWebサイトとデジタルマガジンの収益化を推進。2012年、NHN Japan(現LINE)執行役員に就任、広告事業部門を統括。2014年、上級執行役員法人ビジネス担当に就任。2018年3月から株式会社スタートトゥデイ コミュニケーションデザイン室 室長。

嶋 浩一郎 氏

1968年生まれ。93年博報堂入社。コーポレート・コミュニケーション局配属。企業の広報・情報戦略に携わる。2001年朝日新聞社に出向。「SEVEN」編集ディレクター。02年~04年博報堂刊「広告」編集長。02年「本屋大賞」を企画。NPO本屋大賞実行委員会理事。06年既存の手法にとらわれないクリエイティブエージェンシー・博報堂ケトルを設立。ネットニュース「赤坂経済新聞」、カルチャー誌「ケトル」の編集も手がける。

閉じる