• Facebook
  • Twitter
  • LINE
F8

17:15 ~ 17:55

11月14日(水) 17:15 ~ 17:55

テレビ東京ドラマ「ハラスメントゲーム」プロデューサーと学ぶ 企業広報と危機管理

山鹿 達也 氏
株式会社テレビ東京
制作局 ドラマ制作部 副参事

白井 邦芳
学校法人先端教育機構 社会情報大学院大学
教授

講演内容

現在放映中のテレビ東京開局55周年特別ドラマ「ハラスメントゲーム」。主演の唐沢寿明さんを始め、豪華キャストが“企業のコンプライアンス”をテーマとした本作を演じます。本講演では、「ハラスメントゲーム」プロデューサーの山鹿 達也氏と監修を務めた白井 邦芳教授をお招きし、こらからの時代に必要とされる企業広報と危機管理についてお話しいただきます。

講演者プロフィール

山鹿 達也 氏

ドラマBiz「ハラスメントゲーム」プロデューサー 。1995年入社。経理、制作、宣伝業務を経験後、2003年7月からドラマ制作部。テレビ東京の正月名物番組「新春ワイド時代劇」を長年担当するほか、「鈴木先生」や「ソウル国際ドラマアワード2010」グランプリを受賞した「シューシャインボーイ」、金曜8時のドラマ「三匹のおっさん」、「石川五右衛門」、浅田次郎ドラマSP「琥珀」などを担当。

白井 邦芳

ACEコンサルティング(株)エグゼクティブ・アドバイザー。米国外資系保険会社で危機管理担当役員などを歴任。日本・米国を含む世界の各地で2600事例以上の豊富な対処経験をもとにリスクマネジメントの第一人者としてドラマの原案及び監修でも活躍。一般財団法人リスクマネジメント協会顧問、経営戦略研究所外部講師。(株)産業再生機構支援先企業の企業再生、リスク管理に深く関与し、著書に「企業の危機管理コンサルティング」「リスクマネジメントの教科書」。ゼウス・コンサルティング株式会社 代表取締役。

閉じる