• Facebook
  • Twitter
  • LINE
L8

17:15 ~ 17:55

11月15日(木) 17:15 ~ 17:55

経営戦略に求められる「発信型三方よし」とは?―これからの企業広報とSDGs

笹谷 秀光 氏
株式会社伊藤園
顧問 社会情報大学院大学 客員教授 就任予定 CSR / SDGsコンサルタント

講演内容

激動の世界、環境・社会の持続可能性が必須です。今求められる外来語CSR / SDGsを自分ごと化して発信する「発信型三方良し」と関係者連携の「協創力」が要点です。東京五輪・パラリンピックを控え、日本のいいもの「クールジャパン」を「インバウンド」にも訴求し良き仕組みを残す「レガシー」につなぎます。このために「国連で決めた持続可能性の共通言語」SDGs活用による効果的な企業広報と企業価値向上の秘訣を探ります。

講演者プロフィール

笹谷 秀光 氏

1977年農林省入省、2005年環境省大臣官房審議官、2006年農林水産省大臣官房審議官、2007年関東森林管理局長を経て2008年退官。同年伊藤園入社。2010~2014年取締役、2014~2018年常務執行役員、2018年5月~伊藤園 顧問。現在、日本経営倫理学会理事、グローバルビジネス学会理事、特定非営利活動法人サステナビリティ日本フォーラム理事、学校法人千葉学園評議員、千葉商科大学経済研究所一般客員研究員、宮崎県小林市「こばやしPR大使」、文部科学省青少年の体験活動推進企業表彰審査委員。

閉じる